ふたりのピアノ




こどものピアノ連弾曲集
●ふたりのピアノ /うたとひびきのアンサンブル
音楽之友社発行
1,680円
【ISBNコード】 4276459737

こどものピアノ連弾曲集
●もっとふたりのピアノ /ゆたかなひびきのアンサンブル
音楽之友社発行
1,680円
【ISBNコード】 4276459745

お近くの楽器店・書店でお求めください。
アマゾンでも通販しております。

ふたりのピアノ

もっとふたりのピアノ

美しい響きで定評のあった「ふたりのピアノ」シリーズを、曲集として2巻にまとめたもので、本書はその1冊目となる歌つきの連弾曲集。故・内田勝人氏はフランス音楽を継承した前衛的な作曲家として知られていたが、この「ふたりのピアノ」シリーズでは伝統的な手法で作曲をしている。生徒パートは片手の5本指で弾ける音域ではあるものの、それをやさしく包みこむような先生パートの伴奏は独特な味わいと陰影に富み、易しいながらも美しい音楽を演奏することができる。どの曲もこどもの大好きな世界が広がっており、そこには作曲家からこどもへの愛情が込められている。本書に添えられるイラストは、内田氏の愛娘による。

おしらせ | permalink | comments(1) | -

収まらなかった曲のこと

リニューアル発売されたこの2冊は、
「ふたりのピアノ」全5巻から数十曲を抜粋し、
曲集として2巻にまとめました。
選考されなかった曲も、素敵な曲ばかりです。
いつかまた、本にして、子どもたちに弾いてもらいたいです。

CDでは、その全曲を聴くことができます。


カット:ふたりのピアノ「あまだれさん」より
ふたりのピアノの日々 | permalink | comments(0) | -

ふたりのピアノCD




ふたりのピアノCDは、旧版「ふたりのピアノ」全5巻の全曲を収録(歌は抜き)したCDです。
詳しくは、こちらのページにあります。子供のピアノの予習復習だけでなく、老若男女、聴いて楽しめる、和めるCDになっていてオススメです!やさしくてオシャレなピアノの音色が、とっても気持ちよいです。


こちらで購入可能です。
おしらせ | permalink | comments(0) | -

ふたりのピアノ再版 打ち合わせ

今日は、新版「ふたりのピアノ」の打ち合わせに行ってきました!

絶版なんてとんでもない!と、色々な方のご協力の元、再版に向け動き出してから1年。
 全5巻を2冊に分ける形で全面改訂の再版が決まり、レイアウトもほぼ決まり、後はイラストを描くだけ.....と、ゴールが近づいてきました。

今日、当時の編集者Iさんと熱意ムンムンの同世代編集者Mさんと話していて、再び長く愛されるいい楽譜が出来そう!という予感がすごくして、しみじみ嬉しかったです。

さあ、いよいよ出版が近づいてきました!
あとは素敵なイラストを描くだけです!

++++++++

イラスト担当者:芳野より
ふたりのピアノの日々 | permalink | comments(0) | -

こえ

好きな曲は、「ふたりのピアノ」2巻の「て」です。
家の家族の手に似てておもしろかったです。
でも、私は女の子です。  (N.S. 小5・東京)

ふたりのピアノは全体的にやさしい感じのする曲集だと思います。
特に印象に残っているのはピアノ1巻の「ぞうさんくまさん」です。
なぜかというと初めて発表会で弾いた曲だからです。ドキドキしたのを覚えています。
(A.F 小5・東京)
「ふたりのピアノ」は、私が弾いた曲集の中でも、特にお気に入りの曲集です。
先生と楽しい曲や、落ち着いた曲を演奏することは、私にとって、毎回のレッスンの楽しみでした。かわいいイラストもたっぷりあり、パラパラとめくるだけでもウキウキします。
残念ながら最後(5巻)まで終えることはできなかったのですが、「ふたりのピアノ」の曲は、忘れられないものです。
(M.K 小5・東京)
我が家には、小学生の娘がふたりおりますが、楽しみながらピアノのレッスンを続けております。
その手助けをしてくれているのが「ふたりのピアノ」です。
心に響く優しい詞と調べ、先生との連弾の楽しさなど、子供たちが、音楽を、ピアノを “楽しい” と思えるきっかけを作って下さるすばらしい教材だと感じています。
(S.K 母・東京)
私は、「ふたりのピアノ」3かんまでひきました。
その中で、一番好きな曲はジュースです。
なぜかと言うと、歌詞がおもしろいからです。
(A.I 小3・東京)
このCDは、なぜか懐かしい気分にさせてくれ、すーっと心に入っていくのが魅力です。
曲を聴いていると自然とニコニコほほえんでしまったり、楽しい気分にさせてくれるのでドライブ中に、よく聴いています。(T.I 母・東京)

こえ | permalink | comments(0) | -
ARCHIVES
PROFILE